神経内科 渡辺クリニック

エスエル医療グループ サイトマップ 個人情報保護方針 お問い合せ
HOME 院長紹介 診療時間 症状・治療例 本の紹介 今月の話題 アクセス

動脈硬化症のまとめ

1

動脈は心臓から臓器に血液(栄養)を送る管であり、それが詰まるとその先の臓器が機能停止する。代表的な病態として脳梗塞心筋梗塞などがある。

2

動脈硬化とは、管が硬くなり内腔にゴミがたまることである。長年使ったゴム管が硬くなり詰まる様なものである。管にたまったものは手術でしか取れない。

3

動脈硬化を早める要因(危険因子)として、高血圧、糖尿病、高脂血症(特にLDL高値)、タバコ、ストレスがあり、それぞれ約2倍ずつ動脈硬化を進める。

4

動脈硬化は痛くも痒くもなく、ある日突然詰まった時に症状を起こす。

5

動脈硬化の管理は、危険因子をコントロールすることと、詰まりそうな状態まで至った例には血栓予防をすることである。

6

動脈硬化を客観的に評価することが大切で、そのために脈波図(血管年齢)、動脈エコー、MRIなどが用いられる。当クリニックでは定期的に評価し、必要に応じて治療している。

頸動脈エコーによる頸動脈硬化

copyright1999-now,SL Medical Group All right reserved.